アクセスカウンタ

zoom RSS テーマ「料理」のブログ記事

みんなの「料理」ブログ


味付けで失敗しない肉じゃが

2009/11/13 19:25
画像

デジールSPで使ったネタです。
春から一人暮らしを始めて自炊にチャレンジするも早々に挫折を味わっているであろうヒヨコちゃん達、また料理本の通りに作っているはずなのになんでか美味しくない私の煮物と思っている新米主婦さん達、アバウトでも失敗しない料理のコツを伝授いたしましょう。
計量スプーンも使いません。調味料を量る単位は「秒数」です。(笑)

材料 (22センチの鍋一杯分)
じゃがいも 大4個
にんじん 大1本
玉ねぎ 2個
豚細切れ(または牛細切れ) 200g
しらたき(または糸こんにゃく) 1袋

本みりん(瓶でも紙パックでもプラの注ぎ口のもので) 7秒
しょうゆ(卓上用醤油差しで) 17秒
砂糖 カレースプーンすりきり1(甘いの好きでなければ省略)
ほんだし ティースプーン山盛り2

作り方
1 じゃがいもとにんじんはピーラーで皮をむき一口大に切る(写真参照)
  新じゃがなら皮むき不要。タワシでゴシゴシ洗ってそのまま使えます。
  玉ねぎは茶色い皮をむいて頭と根っこを落として半割しタテ4つに切る。
  しらたきはざるにあけて流水で洗いテキトーな長さに切る。
2 鍋ににんじん・玉ねぎ・しらたきを入れてみりんをダバダバと7秒加える。
  鍋の材料が水没する程度に水を足し、ほんだしを入れて火にかける。
3 沸騰してきたら砂糖と豚肉を入れ、あくが出るのでお玉で取る。
4 あくが少なくなったらじゃがいもと醤油を入れ、落し蓋をして煮る。
5 煮汁が少なくなったら時々上下を返して均等に味がつくように中火で煮る。
  いもが軟らかくなり煮汁が底1センチ程度になったらできあがり。


そろそろ煮えたかな、という段階で煮汁をちょっとなめて、甘かったら醤油をたしましょう。でも煮物は後から味がしみてくるので「ちょっと薄いかな?」ぐらいで止めておくのがいいですよ。味付けは薄かったら足すことは出来ますが濃いからとひく事はできません。
2回目以降は自分好みに微調整して作れるようになると思います。

じゃがいもは新じゃがの時期なら皮が薄いので皮むき不要です。新じゃがが終ってしまったら、ピーラーで皮が剥きやすく煮崩れしにくい楕円形のじゃがいも(メイクインや北海こがねなど)を選んで買うと調理がラクです。
肉は豚でも牛でもうまくできます。

調味料は、みりんは必ず本みりんで。「みりん風調味料」は甘ったるいだけでうまくできません。うまい煮物を作るにはみりんが最重要で、この分量はものすごく多いように感じるかもしれませんが、みりんをダバダバ使う事が味をよくするコツです。

また、料理のおいしさは調味料の選択によって大きく変わるもので、しょうゆも天然醸造丸大豆使用と脱脂大豆アルコール添加では雲泥の差が出ます。砂糖も上白糖より茶色の三温糖の方がコクが出ます。材料は安いものを使っても調味料だけは質の良いものを使う事をおすすめします。
さとう・しょうゆ・みりんを上等にしておけば、ほんだし使おうが豚こま使おうがうまい煮物が出来上がりますよ。

うちの息子が去年の春に大学生になってしばらくした頃に、地方出身で初めて一人暮らしをしている同級生の無鉄砲な食生活を話してくれたんですよ。それはもう、聞くも涙のものがたり。やっぱり男の子は肉じゃがが食べたくなるのねー。で、作ってみてもうまくいかない。実家のお母さんに聞いても、お母さんも目分量で作ってるんでしょうから何をどれだけって具体的に伝授できないのかもね。
で、ワタシはいつも仕事でレシピを書く目安にするために、頭の中で秒数はかって調理しているので、それの方が男子学生にはわかりやすいかもと思った次第です。
自炊ってさ、最初に作ったものが失敗しちゃうとやる気がなくなっちゃうじゃない?
だから、究極のコツ。

調味料はケチるな。味付けは秒数で量れ。

画像

こちらは豚バラブロック肉と、ねじり糸こんにゃく、新じゃがで作ったもの。
お肉がゴロゴロ入るので、ボリュームがあっておいしいですよー。

とにかく、これ以上は無いというほど簡単な味付けですから!
料理の腕も調味料でカバーできるレベルですから!

このレシピで「食べられるもの」が作れなかったら料理下手を自覚した方がいいかもよ〜
記事へトラックバック / コメント


茄子の豚肉巻き

2009/11/01 18:38
画像

秋茄子の季節にはオススメのメニューです。
今年はもう秋茄子おわりですね。
まあでもナスは年中売ってるし、簡単で美味しくて低コストでボリュームもあるので、メニューに詰まったらやってみるといいですよ。
確か、去年の秋のデジールスペシャルで、旬の料理・茄子特集(笑)やったのですが、好評だったと編集さんから聞きました。

材料 (一人5個として4人分)
茄子 5本
豚肩ロース肉 20枚
みりん 50cc
しょうゆ 大さじ3
塩 少々

作り方
1 茄子はヘタを落として縦4つ割りにする
2 茄子に豚肉を巻き巻きする
3 フライパンを熱して茄子巻きの豚肉を転がしながら焼く
4 肉に塩少々を振り、みりん・しょうゆを加えて照り焼き風にする
5 肉に味が付き、たれにとろみが出てきたら完成

塩と醤油の量は好みで加減してください。
みりんはケチらないでダバダバ使いましよう。本味醂でね。
豚肩ロース肉が適当に脂を含んでいるので、テフロンのフライパンなら油をひかなくても大丈夫です。
茄子にもうまい具合に油が回るように肩ロース使っているので、肉の変更はバラ肉までなら可。モモ肉やロースではパサついて硬くなってしまいます。
あんまり強火でチャッチャカ作っちゃうと茄子が生のままになっちゃうので気をつけて。それから、茄子が太かったら4つじゃなくて6つ割りにするとか調節して下さい。
味醂と醤油を入れる時に、一緒にしょうがを入れても美味ですよ。


さて、本日はお隣から葉つきの自家製大根をいただきました。
葉っぱ付いてる!嬉しいー。
早速、大根葉としらすの生ふりかけ作りますー。
お隣は家庭菜園をやっていらして、絶滅危惧種の大根をくださるんです。
おろしにすると辛旨い大根って貴重!
記事へトラックバック / コメント


今年も赤黒い食べ物が

2009/08/08 17:39
画像

ブラックベリーであります。
赤いのはまだ硬い未熟果。黒いのが完熟。
うちの玄関前のちょっとしたスペースが気に入ったようで、毎年よく育ってくれます。
黒くて、触ってやわらかくなって、ちょっと引っ張れば取れるぐらいが完熟なのですが、それでもまだ酸っぱいという、とうてい生食には向かない品種なんだよこれが。(笑)
甘くなるのはうにょんうにょんになって崩れる寸前、大年増になってから。しかしそこまで放置しておくと種が育ってしまい、世の中うまくいかないものだと遠い目をするはめになる。

なので、程々の時に加工します。
プリザーブまたはもう少しゆるめにフルーツソースに。

ブラックベリー重量の50%の砂糖を加え、ステンの鍋で煮ること30分。
アクがめちゃくちゃ出るので、鍋につきっきりです。
そしてブランデーをだばだば加えてひと煮。
アツアツのうちに瓶詰めして蓋をきっちり閉めればおしまい。
酸味が強いのでレモンなど入れなくてもだいじょーぶ。

脱気まではしなくても、冷蔵庫保存なら1年はもちます。
なんたって、うちの冷蔵庫にはまだ去年の分が残ってるのさ。。。
今年は1回につき1.5kgを、もう3回煮たな……。
1回で普通のジャムの瓶10個分はできるんですよ。
もう近所に配りまくり。(笑) すでに季節のおたよりになっています。
しかしこれのために1年かけて空き瓶を溜めるのがまた大変でねぇ。

プレーンヨーグルトにかけて食べると絶品です。
近所の健康食品ツウな人の言によると、アントシアニンの量はブルーベリーよりラズベリーの方が多いそうです。ブラックベリーは言わずもがな。

このあいだ、出来立てのアツアツのを冷たいアイスクリームにかけて食べたけど、

   それは甘くて死んだな。(笑)

画像


だれか空き瓶ください。中身と等価交換で。(^_^;)
記事へトラックバック / コメント


栄養完璧!大根葉としらすの生ふりかけ

2008/10/15 17:42
画像

これを1回作ったら、大根の根っこより葉っぱを求めてスーパーを彷徨うことになります。(笑)
家庭菜園やっている方は、始末に困っていた大根葉を見る目が変わり、都会生活者は葉を切られて店頭に並ぶ大根に涙するでしょう。
この間、「かき菜」で代用できないかと作ってみましたら、まあそこそこウマかったです。同じアブラナ科だし、菜花も大根葉に近そうだしと思って。
でもやっぱり大根葉が一番、かき菜は二番ですね。

ほかほかご飯にのせて食べると、醤油味の大根葉としらすにピリッとしょうががきいて、これだけで軽く一膳ぺろりです。朝ごはんに最適、血液サラサラ〜。
うちの究極の飯の友です。

材料
大根の葉 1本分 (かき菜なら2束・または冷凍の大根葉でも)
しらす干し 50g
しょうが 2かけ (お好みで増減)
白ごま 大さじ2
牡蠣醤油 大さじ2 (冷凍大根葉の場合は1から加減して)

牡蠣醤油がなければ普通のだししょうゆで。生醤油だと味がきついです。
しょうがを「岩下の新しょうが」2本にするとマイルドな味になります。


作り方
1 大根葉は根元を切り離さないように白い所をつけたまま切って、
  汚れた外葉・虫食い・傷んだ所を取り除き、よく水洗いする。
2 しょうがは皮をむいてみじん切りにする。
3 鍋に湯を沸かし塩大さじ1を入れ大根葉を根元から沈めて塩茹でする。
  根元の太い所に柔らかみが出てきたら流水に取りアクを流す。
4 絞った大根葉を5ミリ幅位にみじん切りにし、さらに水気を絞っておく。
5 ボウルに大根葉・しょうが・しらす・白ごまを入れて和える。
6 食べる直前に牡蠣醤油を混ぜて召し上がれ。


      混ぜる前はこんなかんじ ↓
画像


牡蠣醤油を合わせるのは必ず食べる直前に。
合わせてから時間がたつほど味は落ちていきます。
しらすが傷みやすいので、残ったら冷蔵庫保存で翌日中には消費して下さい。
関東圏在住で運良くパルシステムを利用されている方は、たまに冷凍の大根葉が出ます。「宮崎の国産大根葉」というやつです。牡蠣醤油もパルで取り扱いがあります。

おっと。
パルシステムに関して、私は積極的に勧めるつもりはありません。
一長一短ありますからねー。
むしろ宮崎県とメーカーに、冷凍大根葉を通年スーパーでも買えるようお願いしたいです。
東国原知事、全国で宣伝して、おねがい!


追記
パルシステムでは冷凍大根葉の扱いは無くなったようです。
この間、スーパーの乾物売り場で乾燥大根葉というのがあったので使ってみました。
まあ、生のものには及びませんが、緑黄色野菜の保存食としては優秀かと。
ただ少々硬めでした。「お湯で戻して」と書いてありましたが、軽く茹でこぼした方がいいかと。
記事へトラックバック / コメント


タイ風のっけ丼

2008/08/27 00:03
画像

夏の暑いときに火を使わないで作れる救世主メニュー。
お刺身の丼物は細菌繁殖が活発な気温の時には注意しないとアブナイけど、これはツナ缶がメインなので安心です。
体調が思わしくない時も、ナマモノはやめたほうが無難。抵抗力が落ちてるとあたってしまうことがあります。

材料(4人分)
温泉たまご 4個
アボガド 1個
ベビーチーズ 2個
ツナ缶 1個
しょうゆ 大さじ1
乾燥わかめ 大さじ1
長ねぎ 1/2本
ナンプラー 大さじ3
レモン汁 大さじ3 (ポッカレモンでも可)
白ごま 適量
ごま油 少々

作り方
1 わかめを戻してから5ミリ幅ぐらいに細かく切ります
2 ツナの缶汁を切ってわかめと合わせ醤油で和えます
3 アボガドは皮と種を取り1センチ角ぐらいに切ります
4 ベビーチーズも同じ大きさに切りアボガドと合わせます
5 長ねぎはみじん切りにしてナンプラーとレモン汁と混ぜます
6 丼にご飯を盛りごまをたっぷり振って2と4と温泉たまごをのせます
7 5のたれを大さじ2ずつかけ、ごま油をたらして出来上がり


ナンプラーの塩味とレモンの酸味が絶妙です。
ねぎを混ぜておく事により、ねぎ特有の刺激が取れて旨味と軽い歯ごたえが残るので、ねぎ中毒(笑)の人でも食べられます。←私のことだよ。
アボガドと温泉たまごさえあれば、あとは常備品で作れるのもありがたいところ。温泉たまごは買うと4個で200円程度するけど、うちでは熱湯を入れるタイプの温泉たまご製造機「温玉ごっこ」で作ってます。あると便利ですよー。
ナンプラーが苦手な人は普通にわさび醤油でもぜんぜん構わないっす。

デジールSP2008年8月号で使ったネタです。
記事へトラックバック / コメント


鶏ささみのアンチョビロール

2008/08/26 23:59
画像

電子レンジでふっくらやわらかなささみロール。
火を使わないで出来る一品。夕食の主菜にも素麺のおかずにも便利。
(画像は電子レンジで加熱する前の状態です)

材料(4人分)
鶏ささみ 8枚
アンチョビフィレ 8枚
アスパラガス 8本
ベビーチーズ 2個
塩・胡椒 適量
白ワイン 50cc (酒で代用可)
つまようじ 8本

作り方
1 鶏ささみは厚い所を観音開きにして平らにし塩胡椒をふる
2 アスパラは根元の硬い所を切り落として長さを半分に切る
3 ベビーチーズは1個をタテ4つの棒状に切ります
4 ささみの上にアスパラ2本とチーズ・アンチョビを並べて巻きようじで止める
5 耐熱の深皿に巻いたささみを並べ塩胡椒しワインを入れてラップする
6 電子レンジで10分加熱(様子を見て加減してください)
7 あら熱がとれるまでちょっと待ってからラップをあけ切り分けます


加熱しすぎるとチーズが溶け出してしまうので注意。とろけるタイプのチーズだとあっという間に流れてしまうので、必ずプロセスチーズにしてください。
アンチョビの塩味がアクセントになって、夏の暑い時にはうれしいおかずです。
梅しそ巻きと二種類作ってもいいですよ。手間でなければ。

デジールSP2008年8月号で使ったネタです。
記事へトラックバック / コメント


大根のしそチーズサンド

2008/07/12 13:31
画像

大根とクリームチーズを使った和風おつまみ。激ウマ。
庭やプランターで育てた大葉がこれから収穫の時期ですし、夏はひんやりとしたツマミが最高。
冬の、大根がいっぱいある時もサラダ代わりに美味しいです。
私は酒そっちのけでパリパリ食べちゃうし、チーズフェチで未成年の息子は目の色変わります。(^_^;)

材料
細めの大根 白いところ 5センチぐらい
クリームチーズ 70g(箱入りのもの1/3量)
大葉 5枚
昆布茶 小さじ1

作り方
1 大根は皮をむいて縦半分に切り、薄い半月にスライスします
2 常温に戻したクリームチーズに刻んだ大葉と昆布茶を練り込みます
3 大根2枚で大葉チーズをサンドして出来上がり


大根はみずみずしいものを使ってください。水分が飛んでいたり硬い大根だと美味しくありません。青首大根の緑色の所もダメです。どちらかというと、おろしにしたら水ばっかりでまったくもーっていうぐらいの大根が適しています。
昆布茶は、私はほぼ調味料として使っています。クリームチーズやサワークリームに混ぜると、あっという間に和風味になって面白いですよ。たらこスパゲティの味付けも昆布茶が一番です。なんたって旨味と塩気が絶妙だもんね。顆粒状のものは練り込んですぐにはきれいに混ざりませんが、粒がふやけた頃にもう1回練ると均等になりますよ。
お好みでクリームチーズにわさびを混ぜてもよかとよ。

デジールスペシャル2008年6月号で使ったネタです。
記事へトラックバック / コメント


春野菜のわさび漬け

2008/06/12 12:38
画像

今や忘れ去られた(かもしれない)粉末のわさび缶。粉のわさびだからこそコストを気にせず大胆に作れる浅漬けです。ツーンと鼻に抜けるあの刺激が大好きな人にはたまらない一品です。

材料
大根・にんじん・セロリ・きゅうり・キャベツなど 合計で600g
(生で食べられる野菜なら好きなものをどーぞ)
塩 25g
砂糖 30g
粉わさび 10g
粉末だし(ほんだし等) 小さじ1

作り方
1 野菜は洗って皮やヘタを取り正味で600gになるようにします
2 それぞれ食べやすい大きさに切って厚手のポリ袋に入れます
3 袋に直接塩・砂糖・粉わさび・だしを入れます
4 口を縛って袋の上から良く混ざるように手で揉みます
5 空気を抜いて冷蔵庫で24時間寝かせれば漬かってます


わさびの量はお好みで調整してくださいね。
わさびが入ってるので日持ちがするかと思いきや、意外と傷みが早いです。3日程度で食べきれるようにした方がいいですね。水が出てきたら水を捨てて保存した方が若干持ちます。
粉わさびはスーパーの小さい缶のカレー粉のとなりにちゃんとありますよー。100円ちょっとなので買っておくと便利です。

フォアミセススペシャル2008年6月号で使ったネタです。
記事へトラックバック / コメント


飲食店の食材使い回しは

2008/05/30 15:12
画像

「使い回し」じゃなくて業界用語で「資源活用(略してシカツ)」と言うんだって。(^_^;)

きのうの日テレ「スッキリ!!」で特集やってました。
いやぁ、見なきゃ良かったかもぉ。
外食がキモチワルくなっちゃったわよ。
客が箸をつけなかったものを使い回すどころか、食べ残した煮物を迷わず鍋に戻す、ポテチなどの乾き物のおつまみは残りを寄せ集めて次の客に出す……ビヤガーデンで客の残したビールもジョッキに1/4ぐらいだったかな?入れて新しいビールを注ぎ足せばばれないんだってさ。
しじみの味噌汁の汁だけ飲んでしじみが残ったお椀に、熱い汁を足して次の客に出すあたりでは吐き気が。。。
肝炎ウイルスとか口唇ヘルペスとかもちろん風邪とか感染するだろう!
コメンテーターも言ってたけど、もうオープンキッチンの所しか信用できませんね。

余談ですが、昔、知り合いが勤めていたベーカリーの厨房に入れてもらったことがあるのですが、天井にチャバネゴキちゃんがわらわらといて、ここは保健所に通報されたらやばいんじゃないか?と思った事もあったなぁ。
そこそこの味とお値段で、今でも営業続けてるからそれなりに繁盛しているのだろうけど、私は買っていません。加熱すりゃいいってもんじゃないものね。

でさ、思ったわけよ。
これから外食する時は、みなさん、

再利用されないように食い散らかそうぜ!

食べきれないものには箸をつけるな、と昔は言いましたが、今は逆だ。
自分の食べ残しを人さまに出されないように、食べきれないものは再利用できないように破壊してから店を出よう。食中毒や感染症予防のためだと思えば出来る!やるんだ!
食べ物を粗末にしているのとは違うぞ。箸をつけずに残しても、途上国の食糧事情に貢献できるわけではない。店の利益とモラルの低下に貢献するだけだ。「もったいない」と良心が咎めるなら、ユニセフのサイトでいくらか募金すればいい。クレジットカードで決済できるよ。

刺身のツマや彩りのパセリぐらいは洗ってまた使うとは聞いていましたが、もうそんな域じゃない。
パセリの好きなうちの息子にも、外食でパセリは食べちゃダメと言っておかなくちゃ。洗うこともしないなら、とても手は出せないよ。
全ての飲食店が使い回しをしているわけではないでしょうけれど、していないという保証が見えなければ疑ってかかるのは仕方ないよね。
食べ物だもの。

文部科学省の偉い人、英語を小学生からやらせる時間があるなら

公衆衛生を義務教育に取り入れてくれ!(食品化学履修者の主張)

食品衛生だけでもいいから!
このままでは日本人の衛生観念は、修復できない所まで行ってしまうよ。

というわけで、今日の画像はイタリアンパセリです。
記事へトラックバック / コメント


キュートなラディッシュサラダ

2008/05/14 13:27
画像

料理の付け合せぐらいにしか思われていないラデッシュですが、私はこれが大好きなんですよー。
赤と緑のコントラストがきれいだし、葉も全部食べられるから体にいいですよね。大根の葉っぱ、栄養いっぱいだもんね。

材料
ラデッシュ 10個
バター 5ミリ角に切ったもの20個
塩 少々

作り方
1 ラデッシュは細く伸びている根を切り落として葉ごとよく洗います
2 縦に半割りにして切り口の白い部分に塩を振ります
3 器に盛り、角切りバターを散らして出来上がり


バターとラデッシュを一個ずつ口に放り込み、一緒にシャクシャクすると大変美味です。作ったらすぐに食べること。塩をしてあるので時間をおくとクッタリしてしまいます。
ラデッシュを半割りにする時は、葉も両方に均等につくように切ってくださいね。

味を左右するのは、ラデッシュの新鮮さもさることながら、やはりバター。うちでは色々メーカーを模索した結果、よつ葉バターを定番にしています。
良いバターは立派に調味料の役割を果たします。ほうれん草のバター炒めやシンプルなスクランブルエッグで真価を発揮するので、あまりバターにこだわりのない人も一度良いバターを惜しみなく使ってみてください。スクランブルエッグの味が大幅にアップしますよ。

ラデッシュは、最近は5個入りの袋がスーパーの定番商品として置かれているようで嬉しい限り。でも、同じ商品が店舗によって100円から200円の値の開きがあるのは……廃棄率のせいかな?(^_^;)
白くて綿毛のような根が出てしまっているのは古く、スが入っていますので買ってもマズイです。このくらい大丈夫だろうと判断を甘くすると後悔するのがラデッシュなんですよねー。

ところで、バターの品薄は解消されたのかな?

フォアミセススペシャル2008年6月号で使ったネタです。
記事へトラックバック / コメント


タイトル 日 時
いちごのバルサミコ・マリネ
いちごのバルサミコ・マリネ 苺が安くなってまいりました! 今の時期に安いからとたくさん買ってしまったら食べきる前に傷んでしまいそうな時、また冬場の温室栽培いちごで、なんだか酸っぱくて味も薄いな〜というものに当たってしまった時、、バルサミコ酢をちょっと加えてマリネにすると上等なデザートに大変身します。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2008/05/04 14:17
ゆでたまごの味噌漬けはいかが?
ゆでたまごの味噌漬けはいかが? 忙しい朝ごはんに、そうめんや冷し中華の具に、酒の友に、カンタン安いウマイゆでたまごの味噌漬けはいかがでしょーか? 昨日上げた原稿のレシピの一つです。メインのネタじゃないけど。土産物でこういう商品があるというのは知ってたけど食べた事がなくて、お取り寄せするほどでもないかなーと、テキトーに作ったのがヒットでした。特に今頃の暑い時期は朝から火を使いたくない〜と思うのは私だけではないだろう。(笑) 前の晩のうちに野菜系のおかずを仕込んでおけば、このたまごを切って一緒にお皿に盛り付けるだけで朝ごはん... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2007/08/07 21:56
れんこんハンバーグ
れんこんハンバーグ クッキングのページにレシピを一点追加しました。 私、しょうがが大好きで、このれんこんハンバーグにも使っています。 シャキシャキしたれんこんの中にしょうがの粒が混ざっていますから、時々しょうがの香りが口の中ではじけて、しょうが好きにはたまりません。 もぐもく、シャキシャキ、ぷちっ、おお、しょうがだ、アタリ〜って感じです。 しみじみ和食は口内調味ってホントだなぁ、と実感しますね。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2006/10/28 14:31

トップへ | みんなの「料理」ブログ

SANA*HANA*SAWA* 料理のテーマ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる